こうちをめいっぱい楽しむナビマガジン「ほっとこうち」本誌オフィシャルホームページです。

誌面ピックアップ

2014.6-高知に恋して移住して小.jpg

神奈川県生まれ。宮古島、愛媛の活動を経て2011年より四万十市に移住し教室を主宰。2012年、フランク・ヒューエットよりウニキを授かる。現在もハワイに度々渡り、 教えを受けなら指導を行っている。



2014.5-恋して移住して小.jpg

暁郎さんは東京生まれの東京育ち。美紀さんは高知生まれで大学進学を機に上京、18年間東京で過ごし、2011年、一家で故郷に移住。「株式会社and.life」を立ち上げる。2013年には「BAR VALERIAN」を開業。


2014.4-高知に恋して移住して小.jpg

大介さん20歳、佑実子さん18歳で、故郷・岡山県を離れ上京。都内約10年の会社勤務を経て、2012年12月、東京都より家族高知へ移住。2013年8月、「みちつ」を開業。


2014.3-高知に恋して移住して(小).jpg

1998年高知大入学を機に、活心さん来高。 大学卒業後、定住を決意。有機農家で6年の 研修期間を経て2008年独立。2009年に美紀さんが移住。夫婦で「いく農園」を営む。



2014.2.高知に恋して移住して(小).jpg
2005年ご主人と共に高知へ移住し、服飾デザインを始める。2010年にファッションブランド「HOSIYATO×WORKERS」立ち上げ。販売される服は、綿の種まきから糸の紡ぎ、染めまでを全て四万十町・四万十素材で作り上げている。

2014-1-高知に恋して小.jpg

珈琲サイフォン株式会社で、故・河野敏夫会長に師事。2011年9月高知に移住し、津野町の地域おこし協力隊の隊員を務める。2013年10月1日にカフェを開業したオーナーに注目!


2013-12-高知に恋して移住して-サブ.jpg
2011年に「一般社団法人 いなかパイプ」を設立し、生産者や事業者と共に研修事業を行なっているUIターン者3名。四万十川流域に暮らしながら、田舎と都会で暮らす人々のパイプ役に徹する彼らにクローズアップ!


1310移住サブ.jpg10年に渡るハワイ生活を経て、高知へと流れ着いた女性にクローズアップ。彼女を射止めたのは土佐山の自然について熱く語ってもらった。



1309-移住サブ.jpg捨てられるものをスタイリッシュに循環させる近未来型田舎カフェを運営する「ヒカリネコ舎」のオーナーをピックアップ!


1308移住 サブ.jpg田舎町に似つかぬやけにアカ抜けたスタイルで、訪れる客を魅了しているアメリカンスタイルのダイニングバー「Little Powers」のオーナーをピックアップ!

1307高知に恋して移住して サブ.jpg沖縄出身バンド「JaaBourBonz」が、今春、突如高知へ移住。田植え姿に似つかぬ風貌でメディアを騒がせる。

1306移住 サブ.jpg米国生まれの本格的な断食プログラムを提供するアドバイザー。都心から高知へ移り2年、日々高知の魅力を体感している女性に注目!
1305-高知に恋して移サブ.jpg西洋野菜を中心に年間100種類以上を栽培。洋食から和食まで全国の飲食店へ四季折々の野菜を卸している、Vegelife FARMのオーナーに注目!

1304移住サブ.jpg東京で5年、フランスで8年のシェフ歴を経て、「高知の人にフランス料理の美味しさを伝えたい!」と、フランスよりUターンを果たしたシェフ。